女の人

専門学校で喫茶学やパンなど幅広く学ぶ|体験教室を学校選びの参考に

男性

専門学校の知識

調理系専門学校の費用は大学並みです。1年生のところであればまだ負担は少ないですが、2年生以上の専門学校の場合には大学に通うのとほとんど変わらない費用が必要になります。

喫茶店

バリスタの技術を学ぶ

バリスタの知識や技術を学ぶためには専門学校やスクールなどを利用する方法がおすすめです。実践で学べることは非常に多く価値のあるものですが、スキルは練習することで高まるものであるため学校を利用するという方法がおすすめです。

カフェの学校

メンズ

カフェの学校の学費相場

近年注目されているカフェの学校では、コーヒーの抽出方法だけではなく、ケーキ・パンの作り方や経営についても学ぶことができます。カフェの経営は決して簡単ではなく、チェーン展開を目指している場合には特に専門的な経営センスも必要です。このカフェの学校の通学費用は基本的に1年間で100万円程度で専門学校感覚で通うことができます。夜間帯や夕方から数時間だけ開かれているスクールもあるので社会人で働いている方でも学べるよう工夫されている場合もあります。専門的な資格はあまり無いですが、珈琲や紅茶に関する資格取得を目指すこともでき、より喫茶店経営に強いスキルを身につけることもできます。学生が通学する場合も多く、大学感覚で通う人も増えています。

主な特徴と学べること

カフェの学校では、食品衛生とコーヒーの入れ方を中心に学ぶ場合が多いです。接客も学べますが、多くの場合、やる気のある学生は喫茶店アルバイトで既に接客は学んでいることも多く、どちらかというとお菓子・パン作りやコーヒーの抽出、器具の使い方を学ぶのが一般的です。カフェの命とも言える食品衛生は非常に重要で、食中毒や害虫対策など大切なお客様に安心して喜んでもらうために欠かせない知識です。システムキッチンや調理場でも特別な工夫が必要で、本格的に学習することができます。専門学校と異なるのは通学時間や学習方法に自由度が高いことで、定時制や通信制高校に似たような仕組みを採用していることもあります。あまり単位制にはなっておらず、専門課程を履修すれば卒業できる場合が多いです。実際の授業風景を見てみたいという場合には、体験教室を行なっている専門学校もありますので、ぜひその機会を利用しましょう。体験教室のときには在校生も参加しているので、そのときに作ったお菓子やパンを食べながら、相談にのってもらうこともできます。

女の人

独立開業の夢を叶える

誰もが初めて挑戦する事には不安を感じますが、少しの勇気を持てば一歩前に進むことができます。カフェスクールはそのような方々をサポートする組織なので、夢を持ってやってくる人達の力強い味方になってくれる存在です。